ネコによる福音書

~愛と癒しのスピリチュアルメッセージ~

はじめにネコがいました。

初めに言葉があった。 

言葉は神と共にあった。 

言葉は神であった。 

この言葉は、初めに神と共にあった。 

万物は言葉によって成った。 

成ったもので、言葉によらずに成ったものは何一つなかった。 

言葉の内に命があった。 

命は人間を照らす光であった。 

光は暗闇の中で輝いている。 

暗闇は光を理解しなかった。 

【ヨハネによる福音書 1章1節から5節】

   

はじめにネコがいました。 

ネコはわたしと共にいました。 

ネコはわたしのすべてでした。 

このネコは、はじめにわたしの心の中にいました。 

このブログはネコによって作られました。 

作られたもので、ネコによらずに作られたものは何一つありませんでした。 

ネコの中に大切な宝物がありました。 

その宝物は、わたしの存在を認めてくれる愛でした。 

愛は孤独の中で、わたしを本当のわたしにしてくれました。 

孤独は愛によって癒されました。 

【ネコによる福音書 1章1節から5節】

 

※聖書の引用は、私訳によるものです。