ネコによる福音書

~愛と癒しのスピリチュアルメッセージ~

すべてを奇跡に変えましょう。すべてをネコに変えましょう。

ねこ

 

生きてるだけで丸儲け

by明石家さんま

  

「奇跡」とは、「ありがとう」のことであるらしい。

 

「ありがとう」と言えることは、有り難いことだから。

 

「ありがとう」の反対語は、「あたりまえ」であるらしい。

 

ということはつまり、「あたりまえ」でないことは「ありがとう」になるようだ。

 

すべてのことに「ありがとう」と言える人は、「幸せ」であるらしい。

 

ということはつまり、「幸せ」になるためには、「あたりまえ」をなくしたらいい。

 

どうやら、「あたりまえ」がなくなれば、すべてのことが「奇跡」になるらしい。

 

だから、すべてのことを「奇跡」にするためには、考え方を変えてみたらいい。

 

思いが伝わらないのは「あたりまえ」で、伝わったらそれは「奇跡」なのだ。

 

気持ちが理解されないのは「あたりまえ」で、理解してもらえたらそれは「奇跡」なのだ。

 

物事がうまくいかないのは「あたりまえ」で、うまくいったらそれは「奇跡」なのだ。

 

何かができないことは「あたりまえ」で、できたらそれは「奇跡」なのだ。

 

一人ぼっちでいるのが「あたりまえ」で、一人でなくなったらそれは「奇跡」なのだ。

 

人から認められないのが「あたりまえ」で、認められたらそれは「奇跡」なのだ。

 

死にたいと思うのが「あたりまえ」で、死にたくなければそれは「奇跡」なのだ。

 

生きるのが辛いのは「あたりまえ」で、辛くなくなればそれは「奇跡」なのだ。

  

誰からも愛されないのは「あたりまえ」で、愛されたらそれは「奇跡」なのだ。

 

自分を愛せないのが「あたりまえ」で、愛することができたらそれは「奇跡」なのだ。

 

「奇跡」の基準を下げれば、すべてのことが「奇跡」になるのだ。

 

すべてのことが「奇跡」になれば、あなたは「幸せ」になれるのだ。

 

p.s.

 

このブログは読んでもらえないのが「あたりまえ」で、読んでもらえたらそれは「奇跡」です。

 

わたしはあなたを愛しています。

 

奇跡がここにあります。

 

ありがとうございます。