ネコによる福音書

~愛と癒しのスピリチュアルメッセージ~

なんにもねこ。~悟りの歌~

ねこ

 

なんにもねこねこ、なんにもねこ。

なんにもねこねこ、なんにもねこ。

 

ここには何にもありません。

宇宙も世界もありません。

わたしもあなたもありません。

 

冗談なんかじゃありません。

ほんとに何にもありません。

 

ココロもカラダもありません。

思考も意識もありません。

はじめもおわりもありません。

 

ふざけているんじゃありません。

すべてがどこにもありません。

 

意味も理屈もありません。

理解も悟りもありません。

ここには何にもありません。

 

なんにもねこねこ、なんにもねこ。

なんにもねこねこ、なんにもねこ。

 

愛と光を。

 

p.s.

 

この世界は、わたしたちの普段見ている夢のようなものです。

 

「わたし」も「あなた」もそこにはいません。

 

夢の世界は幻です。

 

でも、だからといって、生きていることに意味がないわけではありません。

 

うれしいことも、かなしいことも、すべてのことがはかなく消えていってしまう幻想だなんて、決して思わないでください。

 

そうではないんです。

 

すごいことが起きているんです。

 

あるはずのないことが、できないはずのことが、今起こっているんです。

 

あなたは今、神さまの両腕に抱かれながら、すやすやと眠っている小さな子どものようなものです。

 

神さまはお母さんのような存在で、あなたのことを、どこまでもどこまでも深く、深く愛しています。

 

ある日、あなたは眠りに落ち、夢を見ました。

 

今も、あなたは夢の中で、空想を広げて遊んでいます。

 

さまざまな喜びや悲しみも、たくさんの人たちとの出会いや別れも、一人ぼっちのさみしさも、すべてのことがそこにあり、そのすべてが、あなたの大切な宝物です。

 

神さまはあなたのことをこれ以上ないくらい愛しているので、あなたを無理やり起こすようなことはできません。

 

神さまはただ、夢の外で、あなたにできるすべてのことをしています。

 

泣いているあなたの涙を拭い、うなされているあなたに「大丈夫だよ」と囁きかけ、苦しんでいるあなたの背中をさすり、震えているあなたを毛布でくるんで温めています。

 

あなたが安心して夢を見ていられるように、神さまは一生懸命あなたのお世話をしています。

 

それでもあなたは、「この世界は幻想です」、「この世界は意味のないものです」と言って、「個」を捨ててしまいますか?

 

神さまがなぜ、あなたのことを起こさないのか、少し考えてみてください。

 

生きることは辛いものです。

 

本当に本当に辛いものです。

 

でも、そのなかに、かすかに光る何かがありませんか?

 

何か、とても大切なことが、ここにはあるように思いませんか?

 

それはあります。

 

あなたは必ずそれを見つけます。

 

あなたが子どもだった頃、あなたはめいっぱい遊んで、楽しんで、そして、その思い出は、あなたの中で今も生き続け、あなたの中を脈打って、あなたをあなたにしています。

 

子どもの頃の思い出は、ただ忘れ去られてしまうだけの、無意味なものではなかったはずです。

 

ここに秘密があります。

 

すべてのものは無から生まれました。

 

ありえないことですよね。

 

でも、そのありえないことが起きているんです。

 

そして、そのことがずっと、ず~っと許されているんです。

 

認められているんです。

 

何にでしょうか?

 

「愛」にです。

 

神さまは愛です。

 

あなたも愛です。

 

この世界は、愛であるあなたの見ている夢です。

 

愛の夢です。

 

空想は空想であり、物語は物語なのですが、大切なことは、そのことを知ってなお、あなたはどのように生きるのかということです。

 

ここでは、どんなことでも起こります。

 

素晴らしいことも、そうではないことも起こります。

 

無から有が生まれ、有がすべてのものとして表現されています。

 

「ある」ことは奇跡です。

 

これは、神秘の中の神秘です。

 

あなたは何でも選ぶことができます。

 

その中で、あなたは人間としてこの世界に宿ることを選びました。

 

AIでも機械でもロボットでもなく、血の通った人間として、あなたはここに生まれました。

 

そして、そのことには意味があります。

 

誰が何と言っても、意味は必ずあります。

 

あなたは何を選びますか?

 

苦しいことがなければ、喜びもまたありません。

 

あなたがそこにいなければ、わたしもここにはいません。

 

でもわたしは、それでもわたしは、ただ、あなたとこうして愛について考えているだけで、それだけでいいと思っています。

 

「わたし」がいてもいなくても、そんなことはどうでもいいのです。

 

ここにはなんにもありません。

 

けれど、「愛」が確かにあります。

 

「愛」がどこかにあるのなら、ここには何にもいりません。

 

絶対的な安心感が、わたしとあなたを支えているからです。

 

だから、もう少し楽しみませんか?

 

もちろん、これからも辛いですよ?

 

でも、もう少しだけ、楽しんでみませんか?

 

意味のないこの世界で、もう少し、わたしと一緒に踊りませんか?

 

目が覚めたとき、わたしたちがお互いのことを、もっともっと好きになれるように。

 

わたしたちがお互いのことを、もっともっと深く、深く愛せるように。

 

こうやって、幻想ごと、まるごと愛することが、本当の悟りであると、わたしは思うのです。