ネコによる福音書

~愛と癒しのメッセージ~

信じる心、夢見る心、愛する心、ネコの心。

わたしたちは、今は、鏡におぼろに映ったものを見ている。

だがそのときには、顔と顔とを合わせて見ることになる。

わたしは、今は一部しか知らなくとも、そのときには、はっきり知られているようにはっきり知ることになる。

それゆえ、信仰と、希望と、愛、この三つはいつまでも残る。

その中で最も大いなるものは、愛である。

【コリントの信徒への手紙一 13章 12節から13節】

 

わたしたちの目に映っているこの世界は幻です。

 

この世界は、実際には存在していません。

 

わたしたちは、自分たちの心の中にあるものをこの世界に投影しています。

 

とてもリアルに、本当にそこに存在しているかのように。

 

もし、何かがあなたを悲しませるのなら、あなたはその何かに悲しみを投影しています。

 

もし、何かがあなたに怒りを覚えさせるのなら、あなたはその何かに怒りを投影しているのです。

 

あなたの内側にあるものが、あなたの外側に存在するように錯覚してしまうのは、あなたが「自分」と、「自分ではないもの」を混同しているためです。

 

あなたは愛です。

 

それ以外の何者でもありません。

 

あなたが自分は愛であることを思い出したならば、あなたの中の悲しみは消え、怒りは解き放たれます。

 

そして、この世界にあなたが投影していた悲しみの原因、怒りの原因だとあなたが信じていたものもまた、消滅するのです。

 

こうして、あなたは愛だけを見つめ、愛だけを感じ、愛だけを体験することができるようになります。

 

だから、わたしは愛と光の中ではっきりとあなたに伝えます。

 

自分を信じる心を忘れてはいけません。

 

もし、あなたが自分を疑うなら、あなたは裏切られ、傷つけられるでしょう。

 

でももし、あなたが自分を信じ続けるなら、あなたは尊敬され、認められるようになります。

 

同じように、夢見る心を決して忘れてはいけません。

 

もし、あなたが自分の夢を諦めるなら、あなたは否定され、価値のない者のように扱われます。 

 

でももし、あなたが自分の夢を守り抜くなら、あなたは支援され、多くの者に助けられます。

 

 そして何より、愛する心を絶対に忘れてはいけません。

 

もし、あなたが自分を愛することをやめるなら、あなたは無視され、存在しないもののように誰もあなたに気づかなくなります。

 

でももし、あなたが自分を愛し続けるなら、あなたはすべての人に愛され、皆があなたの友となります。

 

愛するあなたへ。

 

どうか、信じる心、夢見る心、愛する心を思い出してください。

 

この世に生まれてくる前に、あなたが持っていたあのすべての栄光を取り戻してください。

 

愛と光の中で、

 

愛と光の中で、

 

愛と光の中で。

 

※聖書の引用は、日本聖書協会『新共同訳 新約聖書』からのものです。