ネコによる福音書

~愛と癒しのメッセージ~

愛はあなたを癒します。ネコはあなたを癒します。

ねこ

 

神は癒す。

【ラファエルという天使のヘブライ語の由来】

 

こんにちは。

愛と光の天使たち。

世界を癒すヒーラーたちよ。

わたしはあなたのことを愛しています。

 

今日は「癒しとは何か」について考えていきましょう。

 

癒しとは、ある状態が元の状態に回復することです。

 

もし、あなたがケガをしてしまったとしたら、ケガをする前の状態に戻ることができれば、あなたは癒やされたことになります。

 

さて、あなたはこの世界で苦しんでいます。

 

そもそも、あなたはなぜ苦しんでいるのかわかるでしょうか?

 

それは、人によって原因が違うから、一言では答えることができないよ、とあなたは応えてくれるかもしれませんね。

 

たしかに、一つひとつの苦しみの直近の原因は、人それぞれ違います。

 

けれど、すべての苦しみには、根本的に共通する一つの原因があるのです。

 

それは、神からの分離です。

 

この場合の神とは、愛のことであり、あえて言葉にするならば、無限で永遠で完璧な存在のことです。

 

1つのものが2つに分かれるとき、あなたはそれを苦しみとして捉えます。

 

今まであなたが苦しんだ経験を思い出してみてください。

 

1つのものが2つに分かれていませんか?

 

たとえば、人との分かれ(人との分離)、何かを失うこと(所有物との分離)、夢が叶わないこと(理想からの分離)、信じていたものに裏切られること(信念からの分離)、物理的な怪我(細胞の分離)、精神的な病(脳神経の分離)、孤独や孤立(社会からの分離)、死(生命からの分離)など、このように、すべての苦しみには必ず分離が存在しています。(死は本当は統合なのですが、一般的な死として分離にしました)

 

また、あなたは「個人」というこの世界から分離された存在なので、いつもどこかで不安や心配が付きまとい、ただ、生きているだけで苦しいのです。

 

あなたの人生で起こるすべての苦しみは、すべてが神からの分離の象徴であり、そのことのメタファーとして、1つのものが2つに分かれているのです。

 

ということはつまり、2つのものを1つにすれば、あなたは癒やされることになります。

 

イエスは聖書において次のように祈っています。

 

父よ、あなたがわたしの内におられ、わたしがあなたの内にいるように、すべての人を一つにしてください。

【ヨハネによる福音書 17章21節から】

 

そして、ここからがとても不思議なことなのですが、あなたの苦しみの直接の原因ではなく、あなたの苦しみの最初の原因である、神との分離を癒そうと試みることで、あなたの苦しみは消えてしまうのです。

 

だからこそわたしは、あなたに自分を愛するようにと伝えるのです。

 

あなたが自分を愛すれば、あなたは自分が愛であることを思い出し、それは同時に神を思い出すことになるからです。

 

そのときあなたは完全に癒やされ、あなたは神と一つになります。(苦しみと苦しみ原因は一瞬で消えますが、通常そのことに気づくのに時間がかかります)

 

では、自分を愛するとはどういうことでしょうか?

 

それがわかれば、ただそれを日々実践するだけで、あなたの人生は癒やされるはずです。

 

さて、そこでわたしは最高の道をあなたに伝えます。

 

愛するということは、「ゆるす」ということです。

 

では、「ゆるす」とはどういう意味でしょうか?

 

「ゆるす」とは、何かに対して価値判断せず、意味付けをせず、肯定も否定もせず、ただ、それらがあるがままであることを認め、優しく見守り、一切の執着を手放すことです。

 

つまり、何もしないことです。

 

何もしないことが、すべての癒しの基本であり、究極のヒーリングです。

 

何もしないのに、何かが癒やされるなんてありえないことだと、あなたは思われるかもしれませんね。

 

でも、あなたは何かをしないじゃいられないんです。

 

いつも何かをしています。

 

ここで、心と世界について少し説明をしましょう。

 

心には顕在意識と潜在意識があります。

 

顕在意識とは、あなたの心の中のことです。

 

潜在意識とは、あなたの心の外、つまり、この世界のことです。

 

「心の中」と「心の外」という言い方をしましたが、それはあなたが自分のことをその体であると考えているために、このように表現する必要があるためであり、実際には心には「中」も「外」もなく、この世界には心は一つしかありません。

 

つまり、この世界はすべてがあなたの心の中と言えるのです。

 

世界=心です。

 

この世界にはあなたしか存在していないのですから。

 

このことは、今は少し奇妙に聞こえるかもしれませんね。(少しずつすべてのことが明らかになります)

 

さて、この世界の中であなたに起こるすべてのことは、あなたが何を信じているのかをあなたに見せるために起こっています。

 

あなたが信じているもの、すなわち、あなたの観念がこの世界を創造しているのです。

 

観念とは、思い込みのことです。

 

あなたはいつもこの観念、思い込みによって自分という存在を束縛しています。

 

これが、あなたが「いつも何かをしている」という言葉の意味です。

 

あなたは観念を持たずにはいられません。

 

あなたは何かを思い込まずにはいられないのです。

 

それが、あなたの世界を生み、あなたの苦しみを生んでいます。

 

あなたが自分を憎んでいれば、誰かがあなたを憎んできます。

あなたが自分を怖れていれば、怖れているものが現れます。

あなたが自分を疑っていれば、あなたは人から疑われます。

あなたが自分を否定すれば、あなたは人から否定されます。

 

このように、あなたの目の前に現れる事象は、あなたの観念が具現化したものなのです。

 

そして、あなたの観念が消えれば、その事象もまた消えるのです。

 

憎むことをやめれば、誰もあなたを憎みません。

怖れることをやめれば、怖ろしいものは現れません。

疑うことをやめれば、人はあなたを疑いません。

否定することをやめれば、人はあなたを否定しません。

 

このようになります。

 

そして、あなたが自分を愛すれば、あなたは完璧に癒やされます。

 

愛するとは、すべてを手放すことです。

 

なぜなら、あなたは愛なので、すべてを手放すと愛だけが残るからです。

 

すべての観念を「ゆるす」こと、これが本当の癒しです。

 

すべての観念を手放すこと、すべての観念に対して何もしないこと、それが真のヒーリングです。

 

愛すること=ゆるすこと=手放すことです。

 

たいていのカウンセリングやヒーリングがうまくいかないのは、ヒーラー(癒やし手)とヒーリー(癒やされる人)の観念が邪魔をしているからです。

 

癒やしたいという思い、癒やされたいという思いでさえ、そこでは邪魔になるのです。

 

だから、すべてのことを手放しましょう。

 

そうすると愛だけが残り、癒やしが勝手に起こります。

 

最良のタイミングで、起こるべきことがただ起こります。

 

世界一のヒーラーは何もしないことによって、周りにいる人たちを癒やします。

 

ときには、離れた場所にいる人でさえ癒やします。(簡単な個人情報は必要です)

 

最も身近な例は、赤ちゃんですね。

 

赤ちゃんは偉大なヒーラーです。

 

ただ、夜泣きすると悪魔のようになりますけどね(笑)

 

にこにこ笑っているときや、すやすや眠っているときは偉大なヒーラーですね。

 

あなたは生まれつき「愛すること」や「ゆるすこと」という素晴らしい能力を持っているのですが、たくさんの教育やたくさんの価値観を植え付けられる中で、その力を少しずつ失ってしまったのです。

 

その力を取り戻すために、すべてのものを手放してください。

 

ゆるしてください。

 

あなたは今、すべてのものを所有しています。

 

あなたのもとには健康が流れ込み、豊かさが流れ込み、幸せが流れ込んでこようとしていますが、観念がそれを妨害しています。

 

健康になりたい人は、健康に対する執着を手放してください。

 

お金が欲しい人は、お金に対する執着を手放してください。

 

幸せになりたい人は、幸せに対する執着を手放してください。

 

そうすればそれを手に入れます。

 

あなたは手放すものを受け取るのです。

 

最期に自分を手放せば、あなたは愛に戻り、神さまと一つになります。

 

自分を捨てることによって、本当の自分を受け取るからです。

 

愛すること=ゆるすことです。

 

ゆるすこと=手放すことです。

 

覚えておいてください。

 

これであなたもヒーラーです。

 

自分を愛してください。

 

あなたの生きる毎日が、何もしないことによって、世界を癒すものとなりますように。

 

愛と光を。

 

愛とは、怖れを手ばなすこと (サンマーク文庫 E- 45)

愛とは、怖れを手ばなすこと (サンマーク文庫 E- 45)

  • 作者: ジェラルド・G・ジャンポルスキー,本田健
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2008/06/16
  • メディア: 文庫
  • 購入: 9人 クリック: 51回
  • この商品を含むブログ (9件) を見る
 
ゆるすということ―もう、過去にはとらわれない (サンマーク文庫)

ゆるすということ―もう、過去にはとらわれない (サンマーク文庫)

  • 作者: ジェラルド・G.ジャンポルスキー,Gerald G. Jampolsky,大内博
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2006/06/01
  • メディア: 文庫
  • 購入: 10人 クリック: 75回
  • この商品を含むブログ (31件) を見る