ネコによる福音書

~愛と癒しのメッセージ~

あなたの心の創世記。ネコの心の創世記。

ねこ

 

はじめに、何もないスペースがありました。

 

それがあなたでした。

 

そこは命で満たされていて、あなたは喜びでいっぱいでした。

 

ある日、そこに雨が降りました。

 

教えの雨です。

 

たくさんの教えが、あなたの中に降り続けたので、あなたは濡れてしまいました。

 

そこで、あなたは屋根をつくりました。

 

心の屋根です。

 

これによって、あなたは宇宙とさよならをしました。

 

天との別れです。

 

こうして、なぜ生きているのか、あなたにはわからなくなりました。

 

ある日、そこに雪が降りました。

 

ルールの雪です。

 

たくさんのルールが、あなたの地面を冷やしていたので、あなたは凍えてしまいました。

 

そこで、あなたは床をつくりました。

 

心の床です。

 

これによって、あなたは地球とさよならをしました。

 

地との別れです。

 

こうして、なぜここにいるのか、あなたにはわからなくなりました。

 

ある日、そこに風が吹きました。

 

欲望の風です。

 

たくさんの欲望が、あなたから何かを奪っていたので、あなたは傷ついてしまいました。

 

そこで、あなたは壁をつくりました。

 

心の壁です。

 

これによって、あなたは人間とさよならをしました。

 

人との別れです。

 

こうして、なぜ人と関わるのか、あなたにはわからなくなりました。

 

【ネコによる福音書 創世記から】

   

あなたは屋根と床と壁によって、心の檻をつくりました。

 

それが、エゴと呼ばれているものです。

 

このエゴという心の檻は、あなたの思い込みによってつくられた限界です。

 

本当はそこにはありません。

 

でも、あなたにはそれが見えています。

 

あなたにだけ、それは見えています。

 

どうしたらそこから抜け出すことができるのかを、あなたは助けを求めるように尋ねました。

 

そこでわたしは、エゴと愛の違いについて、あなたに伝えるのです。

 

心には屋根はなく、床はなく、壁はありません。

 

宇宙とのつながりを絶てば、あなたはなぜ生きているのかわからなくなります。

 

地球とのつながりを絶てば、あなたはなぜここにいるのかわからなくなります。

 

人間とのつながりを絶てば、あなたはなぜ人と関わるのかわからなくなります。

 

このように、エゴは疑問を抱きます。

 

しかし、愛は疑問を抱きません。

 

そして、あなたは愛です。

 

愛は命であり、喜びです。

 

それは、最初の何もないスペースを満たしていたすべてなのです。

 

愛は次のように考えます。

 

なぜ生きるのか?

 

ではなく、生きる。

 

なぜここにいるのか?

 

ではなく、ここにいる。

 

なぜ人と関わるのか?

 

ではなく、人と関わる。

 

愛には疑う気持ちがなく、ただ、今この瞬間を信じます。

 

天と、地と、人との交わりを信じます。

 

これがすべてです。

 

あなたの心の檻は、簡単には壊せないかもしれません。

 

でも、やってみるだけの価値があります。

 

信じてみるだけの価値があります。

 

なぜなら、新しい時代がやってきたからです。

 

おわりに、バラバラになったスペースがありました。

 

それは「あなた」でした。

 

そこは怖れで満たされていて、あなたは悲しみでいっぱいでした。

 

ある日、太陽が昇りました。

 

希望の太陽です。

 

たくさんの優しさが、あなたの周りを暖めていたので、あなたは嬉しくなりました。

 

そこで、あなたは屋根と床と壁を壊しました。

 

心の解放です。

 

これによって、あなたは宇宙と地球と人間とにあいさつをしました。

 

天地人との再会です。

 

こうして、あなたはなぜ生きているのか、なぜここにいるのか、なぜ人と関わるのか、わかるようになりました。

 

【ネコによる福音書 創世記から】

 

この創世記には、はじまりだけではなく、おわりまでが記されています。

 

なぜなら、あなたの喜びは約束されたものだからです。

 

宇宙を知り、愛してください。

 

地球を知り、愛してください。

 

人間を知り、愛してください。

 

おかえりなさい。

 

愛と光の天使たち。

 

命と喜びの限りない愛よ。

 

わたしはあなたのことを愛しています。

 

愛と光を。